【データ】北国人(人)+魔法使い(職業)+魔法使い(職業)

名称:・北国人(人)
要点:・暖かい服装・白い肌で美しい人材・白い髪
周辺環境:・針葉樹林・木もないような雪原・豊かな小麦畑・豪雪対策された家・高い山
評価:・体格1.50(評価1)・筋力1.00(評価0)・耐久力0.67(評価-1)・外見1.50(評価1)・敏捷1.00(評価0)・器用1.00(評価0)・感覚1.00(評価0)・知識1.50(評価1)・幸運1.00(評価0)
特殊:
*北国人は一人につきターン開始時に食料1万tが増加する代わりに生物資源1万tを消費する。
*北国人は一般行為判定を伴うイベントに出るたびに食料1万tを消費する。
→次のアイドレス:・犬妖精(職業)・魔法使い(職業)・歩兵(職業)・パイロット(職業)・整備士(職業)・国歌(絶技)・アイドレス工場(施設)・寮(施設)・食糧生産地(施設)・バトルメード(職業)・高位北国人(人)
名称:・魔法使い(職業)
要点:・婚期を逃した・純真そうな顔
周辺環境:・街角
評価:・体格1.00(評価0)・筋力0.67(評価-1)・耐久力0.67(評価-1)・外見1.00(評価0)・敏捷0.67(評価-1)・器用1.50(評価1)・感覚2.25(評価2)・知識2.25(評価2)・幸運1.00(評価0)
特殊:
*魔法使いは詠唱戦行為ができ、この時、詠唱戦((知識+器用)÷2)の攻撃判定は×2.25(評価2)され、燃料は必ず-1万tされる。
*魔法使いは5m先までの目標に自らの人生を語ることで人間相手なら泣かせて前を見えなくさせ、相手の感覚力を÷5.06に低下させることが出来る。ただし、相手も魔法使い、アラダである場合は効果がない。(燃料は消費しない)
→次のアイドレス:大魔法使い(職業)、風を追う者(職業)、海法紀光(ACE)
名称:・魔法使い(職業)
要点:・婚期を逃した・純真そうな顔
周辺環境:・街角
評価:・体格1.00(評価0)・筋力0.67(評価-1)・耐久力0.67(評価-1)・外見1.00(評価0)・敏捷0.67(評価-1)・器用1.50(評価1)・感覚2.25(評価2)・知識2.25(評価2)・幸運1.00(評価0)
特殊:
*魔法使いは詠唱戦行為ができ、この時、詠唱戦((知識+器用)÷2)の攻撃判定は×2.25(評価2)され、燃料は必ず-1万tされる。
*魔法使いは5m先までの目標に自らの人生を語ることで人間相手なら泣かせて前を見えなくさせ、相手の感覚力を÷5.06に低下させることが出来る。ただし、相手も魔法使い、アラダである場合は効果がない。(燃料は消費しない)
→次のアイドレス:大魔法使い(職業)、風を追う者(職業)、海法紀光(ACE)
評価合計:・体格1.50(評価1)・筋力0.44(評価-2)・耐久力0.30(評価-3)・外見1.50(評価1)・敏捷0.44(評価-2)・器用2.25(評価2)・感覚5.06(評価4)・知識7.59(評価5)・幸運1.00(評価0)

画像


魔法使い―それは強大な力を操る者
魔法使い―それは人々に羨望されると同時に畏怖を与える者
そんな魔法使いがえ~藩国にも存在する……

ここに北国人らしい風体で、どこかあどけない子供のような純真な顔つきの人物がいる。
「ぁ、えーと……こ、こんにちは~」
気の抜けた挨拶をのほほんとしてきたこの人物こそ、先に述べた魔法使いであるッ!
どう見ても羨望されたり畏怖されたりしてなさそうだが魔法使いなのであるッ!!
…。
「すみません。イメージ通りじゃなくて…」
……。
ま、たまにはこういう現実もあります。
イメージとまったく違うとはいえ、確かに魔法使いなのです。
それでは、魔法使いは普段何をやっているのかをちょっと見てみましょう。

―ある日の街角
その日は何か街の雰囲気が違っていた。
普段なら遊びまわっている子供達のはしゃぎ声が聞こえてくるのが普通なのだが、そんなのは夢だというかのように静まり返っている。
子供がいないわけではない。ただ動いていないだけ。
子供達は皆、魔法使いが何かやっている事に気付き、それを固唾を飲んで見ているのだ。
そして、魔法使いが不敵に笑った次の瞬間「ボンッ!!」という破裂音が辺りに響き渡る。
煙がモクモクと湧き上がり、子供達の「キャーー」と言う声が辺りを満たす。
煙が晴れると
「ポップコーン出来たよーーー!!」
という魔法使いの声。それと同時に子供達が押し寄せる。
「うま~い!」
「出来たてって美味しいね~!」
などとはしゃぎながら子供達が喜び、魔法使いも一緒になってポップコーンを食べていた。

―ある日の小麦畑
その日は小麦畑に来ていた。
実はその畑は「上手く小麦が育たなく今年は不作になってしまうだろう」と言われていた畑である。
「わかりました。では調べてみます」
と以前魔法使いが調査に来ていたのだ。
小麦畑に着くと土壌や日当たり、風通しや害虫がいるかどうかなど多くの事を調べ、その後的確に改善指示を出す。
その後みんなのがんばりの甲斐あってどうにか持ち直し、おかげで無事収穫を迎えれることになったのだ。
一面の小麦畑を満足げに見て、しばらくその風景を見続けていた。

―ある日の建築現場
この日は、設計を手伝った建物を見に現場に足を運んでいた。
え~藩国は雪国なので「家=豪雪対策をした建物」なのだが、それにも魔法使いが関わっている。
といっても魔法を使うわけではない。
「ええ。ここはこのようにすれば耐久性も上がりますしいいと思います」
このように設計士と相談しながらそれぞれの家にあった設計をしている。
家が建つ場所周辺の環境、地形、積雪量、日当たりや予想積雪量を計算して安全な強度にしているのだ。
おかげで魔法使いも設計に関わった建物では、豪雪対策をしつつも他の建物に比べ外見や間取りを自由にできるようになる。
こんな風に身近な生活のところにも魔法使いは関わっているのだ。

色々な事をやっている魔法使いだが、そのどれもが豊富な知識とその応用を使っているのである。
そう、魔法使いが魔法使いたるゆえんは、それなのだ。
そしてそれは研究などで日々培われているのだ。
もっともそれ自体に打ち込みすぎて、多くの魔法使いが婚期を逃しているという悲しい一面もある。
「いい人なんだけどねぇ。みーんな純真で優しい人なんだけど、ねぇ」
「いい人よ。でも、付き合ったとしても私より仕事の方を優先しちゃう気がして……」
とは街の人の言。

そんな魔法使い達だが、戦場に出ると一変する。

魔法使い―それは強大な力を操る者
魔法使い―それは人々に羨望されると同時に畏怖を与える者

この言葉通りに。

だがそれでも魔法使いはえ~藩国国民らしく「昼行灯」なのだ。
自分がもっている知識を使うことで人々の役に立ちつつ、子供達とお菓子を食べたりする。
そんな何気ない生活を大切にしている。
結婚しにくいなどいろいろあるが、魔法使いはそれでも満足しているようだ。
なので魔法使いはいつもの通り、今日も人々の為に働いているのだ。結婚できなくても!ね!
「え?!で、でもやっぱり結婚したい、です……」
……だそうです(笑)


(イラスト:山吹弓美(Shunki) 設定文:花井柾之(え~))

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0