【アイドレス】国&国民&技設定

国設定

■え~藩国の環境
伯爵領なので、東西3キロ、南北15キロの長方形型の藩国である。藩国南側が海に面し、東側に高山地帯、西側に平野を持つ。高山地帯から平野にかけては針葉樹林が存在し、木材需要を満たしている。
北国気候なので、夏が短く、冬が長い。但し、春から夏、秋の初めにかけては海側から湿った暖かな空気が入るため、非常に温暖で、穏やかな気候である。それゆえ春から夏に野菜を、晩夏から翌年春にかけて小麦を育てる二毛作が盛んに行われている。その一方、冬は山からの冷たい風と海からの湿気で冷え込み、大量に雪が降る厳しい季節である。

■え~藩国の歴史と文化
我が藩国は、現藩王花井柾之藩王がわんわん帝國より王犬『アーサ』(王犬の命名は藩王による)を下賜され建国された、比較的新しい国である。
藩王の人柄か国民性は非常に穏やかであるが、正義感だけはやたらと強い。そのため、いざと言うときの結束力たるや目を見張るものがある。望んで戦いを起こすことはないが、護るべきもののためなら手段を問わず全力で事に当たる国民性といえるだろう。
とはいえ、普段は穏やかなお国柄。
特産品は卵と、のんきと言うことなかれ、お菓子である。え~藩国はわんわん帝國随一のお菓子の国なのだ。
特産の卵は『福翠の卵』と呼ばれ、藩国の針葉樹林地帯から山間部にかけて生息する野生の鶏、『福翠地鶏』から取れる貴重な卵で、専門職の卵ハンターが狩猟犬士と共に採取する、非常に栄養価の高い代物だ。しかし、その特性上非常に数が少ないため、養鶏された福翠地鶏から採れる廉価版『福酔の卵』がみやげ物としては一般的である。
そしてお菓子であるが、福翠の卵、或いは福酔の卵と、国内で取れた小麦、シュガービートから精錬される上質の砂糖から作られている。これらの菓子は洋生菓子から和菓子まで幅広く、種類も豊富であり、質も良い。え~藩国がお菓子の国と呼ばれるのも無理からぬことだろう。

■え~藩国の設備
藩王の意志と、雪が多く冬が厳しいという土地柄、主要施設、設備の多くは地下にある。
具体的には発電施設、各種軍事施設、主要ライフラインなどである。
電話線、電線等は、景観、設備保全の観点から地下に埋設されており、また、冬場の路面凍結などから地下道や地下街が発達している。この地下道はロードヒーターを装備し、更に地下ながら強力なポンプを備えた太い排水路を持っているため、浸水の心配はまずない。
そして、この地下道、及びライフラインが埋設される理由は、冬場の対策のためだけではない。地下道やライフラインの外殻は、核シェルターとほぼ同等の強度と密封性を持って作られている。これは、地下道がいざという時、つまり、藩国が戦場となった場合の、一般市民を収容するシェルターの役割を兼ねるからである。そのため、町の各所に地下道への入り口があり、普段はガラス張りの、いたって普通な地下街入り口なのだが、一度緊急避難令が下されれば、複層シャッターが下り、入り口内側にも分厚い防護壁が降りるようになっている。逃げ遅れた国民のための小さな出入り口も各所にあるが、そこのドアも何層にもなっているため、駆け込むのが爆撃の最中でも内部の人間、駆け込んだ人間両方が無事に避難できるよう配慮されている。
こういう事情から、地下通路、地下街には食料保管庫が完備されていて、約1年は国民が避難できるようになっている。年に一度の設備点検で、これらの食料は全て新品と入れ替えられ、回収された食料は、国民に振る舞われている為、無駄はない。

■え~藩国の方針
藩王曰く、え~藩国の方針は一言に言えば「昼行灯」である。
本来の意味では「(日中にともっている行灯のように)ぼんやりとしている人。また、役に立たない人。」(goo国語辞書参照)だが、この藩国では別の使い方をする。
すなわち、「昼に行灯は確かに役に立たないが、行灯は行灯、いざと言う時、本来の立つべき時ならば、全力で持ってコレに当たる」である。行灯は確かに昼間灯っても役には立たないが、行灯の使命は灯すことである。同様にえ~藩国も、普段は役に立たないように見えたとしても、本来の役目=守るべきものを守る時には、全身全霊全力で、全国力を持ってこれに当たるという意思の表れであり、この藩国を象徴する言葉である。

(作成:佐倉透(透))

/*/

国民設定(性別はPCのものを表記)

No.2100399(旧番号21000) 花井柾之(え~)
花井 柾之(はない まさゆき)
横山とサウドを愛するゲーマー。
プレイヤーとしては巧い部類には入らないが、自分にできる事をやろうと藩国を立ち上げた。
(PL説明)
あまり威厳のない「昼行灯」な藩王。
普段は仕事の合間にアーサと遊んだり、国民と雑談したりで上下関係をあまり気にしていない。
が、有事の際には威厳と自信に満ちた指示を出し、素早く対処している(と本人は思っているが実際はどうか分からない)
男性。
(PC説明)

No.2100401(旧番号21001) 朝倉景光(ふくすい)
朝倉 景光(あさくら かげみつ)
この国に居座っている、何かよく分からない人。
普段は王犬であるアーサ(動物の中で、何故かアーサだけは喋れるらしい)とつるんで、人々を困らせる悪戯を考えている。というかそれしか考えていないので要注意。ちなみにver0.6の時は文士だったが現在は吏族(この文章を書いてる時点では)。
男性。

No.2100402(旧番号21002) 佐倉透(透)
佐倉 透(さくら とおる)
わんわん帝國、え~藩国の文族。本来の性質では文士であるはずなのだが、ver0.6では成り行きで絵師だった。国力まとめをこっそり作ったり、ある意味、藩国の雑務係。一部メンバーから検索魔王と呼ばれたりする。性格は「出来ない」と言いたくない、典型的な負けず嫌いの模様。
女性。

No.2100403(旧番号21003) 山吹弓美(Shunki)
山吹 弓美(やまぶき ゆみ)
え~藩国の技族にして藩王に対するツッコミ要員。王がボケかました瞬間ハリセンをうならせる根っからの関西人。精神年齢は低めのようだが、時々古いネタを持ち出してくることもあり実年齢が分かりにくい。実はかなり気分屋というかやる気にムラがありまくりで、調子がいいときと悪いときで作業のスピードが段違いである。もう少し頑張りましょう。
女性。

No.2100404(旧番号21004) 一柳鈴子(robin)
一柳 鈴子(いちやなぎ すずこ)
童顔で背が低く、『ミクロの世界の住人』とか呼ばれる女。ちなみに善行スキー暦4年。誰にでも敬語で話すため表面的には真面目に見られるが、裏でどじっ娘属性も秘めている。推理小説好きから物書きの真似事をするようになった、根っからの文族である。だが文章を書き始めると変に凝りだし、遅筆になってしまうのが最近の悩みだとか。
女性。

No.2100400(旧番号21005) 関朝戸(科戸)
関 朝戸(せき あさと)
主に藩国内におけるギャグ担当。見事に滑っているがギャグ担当。関西弁からマシンガントークを繰り出す。
過去に子供たちから無意味に腐ったミカンを投げつけられたことがあったり、標準語を話していたのを聞いた事がある、というような噂があったりする。え~藩国には華族として在籍。
男性。

No.2100405(旧番号21006) 折口素数(te2)
折口 素数(おりぐち もとかず)
流浪の技師。または、心の料理人。
兵器と食べること全般に執着を持つ人。
飛行機が作れると聞き、意図せず亡命してしまったとっても迂闊な人。どうしたモノかと途方にくれていたところを拾われる。特産品の美味しい卵と小麦粉がある国で大満足。
夢は、いつか、この国で作ったクッキーを青に渡すことらしい。
よく行方知れずになるが、主な出没先は工場か山に食材探し。遭難してるかもしれない。
男性。

No.2100406(旧番号21007) 榊遊(遊佐)
榊 遊(さかき ゆう)
小柄だけど胸は大きな20歳の眼鏡女性。
あまり積極的に自分を出す方ではないがコミュニケーション能力は高く、
丁寧な口調と誠実で几帳面な性格も手伝い交渉ごとは得意。
元々学業成績はそこそこに優秀ではあるのだが、
その口調や物腰に加え、データグラスにもなっている眼鏡をつけている為か何故か周囲の人間には切れ者であるかのように思われていている節がある。
元はアイドレスのパイロット要員であったのだが今回とうとう
吏族に任ぜられる事になり、本人はいつも以上に不思議に思っている。
女性。

No.2100407(旧番号21009) 天見香子(あまみ)
天見 香子(あまみ かこ)
少し前まで行方をくらましていた女性。遅筆だが細々と絵を描いている。
国に戻ってきた時に何と言われるかヒヤヒヤしていたが、藩王以下お国の皆さんが暖かく迎えてくれたので涙で前が見えなかった、らしい。
いつでもどこでも寝られることとご飯を残さないのが自慢。
女性。

No.2100408(旧番号21010) 海清卯龍
バージョン0.6の時からえ~藩国にいる技手で、かわいいバトル・メードをデザインした人。
もちろん現在のバージョン0.7でも技族になってもらっている。
そのカワイイ絵は、一部の国民が熱狂したりするほどである。さらにその中の一部には、興奮しすぎて鼻血を噴いて倒れた人間がいたとかいないとか。

No.2100409(旧番号21011) どんぐり
藩王との昔の縁でこの藩国にやってきた眠そうな目をしている人。
いつもボーっと空を眺めていたりするため、周囲からは変な人だと思われている。
趣味でパンダグッズの収集を行っており、お気に入りのパンダバッジを常に持ち歩いてお守り代わりにしている。
パンダは犬の仲間だと言ってはばからない。
男性。

No.2100410(旧番号21012) 辻井つなみ(nt)
辻井 つなみ(つじい つなみ)
アイドレスver0.7から藩王と知り合い、え~藩国に所属することになった新参者。これから文族として行動することになりそうだと聞かされ、( ̄▽ ̄)b←こんな顔をしながら承諾した。
周囲の環境に影響を受けやすく、気力と集中力がおしなべて低いために文章を書き上げるまでにひどく時間がかかると言う致命的な弱点を持つ。
女性。

No.2100411(旧番号21013) 阿木高麻緒(まお)
阿木高 麻緒(あきたか まお)
誰かに呼ばれてやってきた。誰に呼ばれたか目下不明。まずはその人物を捜すことが第一の目的となっている。
誰かに呼ばれてやってきた。なにをすればいいかも目下不明。とにかく自分に出来ることを探すことが最初にするべきことだろう。
誰かに呼ばれてやってきた。自身の持つべきスタンスだって目下不明。大丈夫。なんとかなる。持ち前のポジティブシンキングと能天気さできっといつでも大丈夫。
誰かに呼ばれてやってきた。そう、まだやってきただけでぼーっと突っ立っている状態。お仕事くれたら、喜んでしっぽ振って超突進!
女性。

No.2100412(旧番号21014) 北風茶々喜(ラテ)
北風 茶々喜(キタカゼ ササギ)
甘いもんと古本屋と秋の空が好きな学生。
気ままに、かつ、いい加減に日々を過ごすことが至上の喜び。
人間的に解りやすいと評判、お気楽単細胞。
地域でのあいさつが得意。
女性。

No.2100413(旧番号21015) 九鬼保(九鬼)
九鬼 保(くき たもつ)
「じょぶ ぷりーず」と看板を持って突っ立っていたところを榊 遊に拾われた流れ者。
細目でぼ~っとしているので座ってると居眠りと勘違いされる。
趣味は銃器のコレクション、性格は・・・ちょっと変・・。
普段は物に話しかけたり何を考えてるか解らない節があるが、
銃を抜いたり、機体に乗ってる時には目が開き性格が若干アレになる。
男性。

No.2100414(旧番号21016) 藤井海音(カイネ)
性別は男性で年齢は23歳、普段から素行が悪い・喧嘩っ早い・執念深いと三拍子そろったかなりの問題児です。
が、そこらへんが弱みにもなっていますので自分より立場が上の人間や、喧嘩や勝負事などで自分を何度でも負けさせる程の力のある人間には渋々ながら従います。
ひねくれ者なので絶対に素直には従いません、渋々です。
なので藩王様には既に手綱を握られています。

No.2100415(旧番号21017) 倉見虎太郎(こたろ)
倉見 虎太郎(くらみ こたろう)
基本、物事を考えるのが苦手な男。
「その日を適度に生きれるならそれでいい」がモットー。
何処と無くフラフラとほっつき歩いていた所を榊 遊にスカウトされる。
見た目には中肉中背で、20歳前後の普通の顔だが、
普段からボケッとしており、人の話が聞こえているのは稀。
先程説明された事の再説明を求めるなんてこともザラである。
男性。

/*/

以下脱藩者

No.21008 深山ゆみ(maru) (イベント19で脱藩)
深山 ゆみ(みやま ゆみ)
一応、え~藩国技族。
「アプローの涙」開催中、ロムだけのつもりが、朝倉さんにわんわん帝國に小助さんと岩手がいるのはどうして?と尋ねてしまったのをきっかけにえ~藩国の国民に。国民として登録するだけでいいって話だったのに、練習用といわれ作ったキャラでゲームに参加することになったり、と入国以来、ぐるぐるしっぱなしの情けない初心者。
え~藩国&わんわん帝國の為に出来ることをやろう、という気持ちはたくさんありますので、地味に、小さなことからこつこつと~の精神で頑張っています。
あと、「初心者でも大丈夫ですよ」という芝村さんの言葉も信じてます。(笑)
女性。

No.21018 悪童屋 (再び旅へ)
悪童屋(あくどうや)
座右の銘は「人生楽々」「俺ができることでよければ俺なりに」を掲げて、問われれば答え、問われなければ答えないスタンスを取っている。
齢30半ばの練金術の卵でスポーツもそれなりにこなす。 ただ、実践派なので知識より経験と勘をたよりにする傾向が強い。
男性。

/*/

技作成

北国人+吏族+吏族
○知識+1
「集中事務」
え~藩国に所属する吏族は、通常・戦闘事務において緊急時でも取り乱すことなく集中して自らの作業を遂行することが出来る能力が備わっている。
一度彼らにスイッチが入ると全ての事象を客観的に捉え、冷徹かつ合理的な判断を下せるようになる。例え5秒後に自分が吹き飛ばされることが分かっていても、戸棚のお菓子(政庁で働く吏族たちは自分たち用のお茶請け(主上に出すより上等なもの)をストックしている)が切れて空腹が飢餓状態を突破しても、頭脳が無事な限り、己の経験と、知識のデータベースから最適な行動を選択出来るのだ。
(作成:辻井つなみ(nt))

北国人+犬士+歩兵
○敏捷+1
「ゲットレディ、セット、GO!」
元々犬は狼の子孫。
肉食であり集団で狩猟する獣である。
強力な瞬発力で獲物を追い詰めることが本質だろう。
そのため犬士も、並々ならぬ瞬発力を発揮する。
(作成:佐倉透(透))

北国人+パイロット+整備士
○感覚+1
「機体マイラブ」
え~藩国のパイロットは皆整備士としての訓練も積んでいるため、機体に乗り込む際には自分の整備道具を携行するものも多い。
また彼らはパイロットと整備士両方の経験から機体の調子を『なんとなく』読み取る能力や、機体に伝わる振動などで周囲の状況を『なんとなく』把握できる能力が備わっており、戦闘時には携行した整備道具でもって機体の調整を行いつつ戦闘を継続させることが出来る。
この『なんとなく』の感覚を掴むために、新米パイロットたちは自分の機体イズナンバーワンを公言しつつ愛機と自らの腕に磨きをかけるのだ。
(作成:辻井つなみ(nt))

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0